沖縄ラプソディ―“地方自治の本旨”を求めて

個数:

沖縄ラプソディ―“地方自治の本旨”を求めて

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 228p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784275005779
  • NDC分類 318.299
  • Cコード C0036

目次

第1部 こどもたちへ(青空―あのころ、名護市民が経験したこと;ニヌファブシ―沖縄の歴史と現在について;ハーメルンの笛吹き―新基地建設計画の十年;なんかおかしい―憲法と沖縄と米軍基地について)
第2部 沖縄から/沖縄へ(逆格差論は死なず―「地域の礎」が耐える時代の嵐;「汗水節」は歌えない―北部振興策とは何か;構造改革の聖域―防衛費をめぐる憂鬱;ラディカル・デモクラシー―自治を生きるために)
第3部 地球の万人へ(地球は利害関係者で満杯―開かれた合意形成システム=環境影響評価;名付けの政治―隠蔽と露見のレトリック;ゆで蛙のモノローグ―分断を超えて;われらはみな、アイヒマンの息子―悪をなすことへの平凡な道のりについて;日米軍事再編に抵抗する「地方自治の本音」―沖縄・名護市・岩国市)
資料編(炭坑のカナリアの歌声―「島田懇談会」事業批判;名護市総合計画・基本構想の「視点」と「主旨」)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しゅんどーん

1
著者は沖縄県名護市に生まれ、地移設反対運動に尽力してきた。沖縄の現状を顧みたときの「なにかおかしい」という感覚、生きたまま茹で殺される蛙のたとえに、愛する故郷を守れなかった著者の悔しさが痛いほど伝わってくる。本土でニュースや新聞を見ているだけでは気付けない、住民の心の奥の声が聞こえてくる。2021/06/11

k

0
レポート用2013/05/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/327830

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。