神奈川大学評論ブックレット<br> 横浜開港と境域文化

個数:

神奈川大学評論ブックレット
横浜開港と境域文化

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 101p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784275005151
  • NDC分類 213.7
  • Cコード C1021

内容説明

開港・開国という時代のなかで、人々がどのようにして生業の礎を築き、活路を切り開いていったかを、確かな資料と消えかかる記憶に導かれて描き出す。

目次

1 内海兵吉の横浜開港とパン製造業―元祖としての確固たる地位をかたちづくる
2 石井喜清の鉄道開通と酒類小売業―旅篭屋からの方向転換を探りだす
3 笠原兄弟の養鶏業と高度成長期―苦境をバネに状況を先取りする
4 リューリ兄弟の貿易商会とロシア革命―北洋漁業貿易の先駆者として盛りかえす

著者等紹介

内海孝[ウツミタカシ]
1949年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了。東京外国語大学教授、大佛次郎記念館研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。