情報理論の基礎 (改訂2版)

個数:

情報理論の基礎 (改訂2版)

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2019年09月20日 19時09分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 223p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784274224201
  • NDC分類 007.1
  • Cコード C3055

目次

1 序説
2 情報量(事象と記号;確率モデル ほか)
3 情報の発生と伝達(情報の種類;情報源 ほか)
4 符号化(能率と冗長度;符号化と通信路 ほか)
5 連続的信号(エントロピー;周波数スペクトル ほか)

著者等紹介

小沢一雅[オザワカズマサ]
1942年大阪市生まれ。1961年大阪府立高津高校卒業。1966年大阪大学基礎工学部電気工学科卒業。1972年同大学院修了(工学博士)。1972年~2013年大阪電気通信大学勤務。2013年同大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

情報理論を学ぶ学生が基礎から理解する本!
 情報理論は今日なお発展しつつある理論であり、今後ますますその応用が期待されているところです。
 本書は、2011年3月に発行された『情報理論の基礎』の第2版です。
 無用の一般化を排し、数式の乱用を避け、理論上の厳密さよりも事の本質や意義を正しく理解できることを重視し、直感的に理解できるように工夫した例題や図説を豊富に盛り込んで、情報理論の基礎をわかりやすく解説しています。