共振形スイッチングコンバータの基礎

個数:
電子版価格 ¥3,456
  • 電書あり

共振形スイッチングコンバータの基礎

  • ウェブストアに38冊在庫がございます。(2019年09月22日 23時15分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 212p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784274224096
  • NDC分類 542.9
  • Cコード C3054

内容説明

共振形コンバータは、矩形波コンバータに比較して、効率が良くノイズが少ないという特徴を持っており、最近使用する機器が増えてきています。本書の第1部では、共振形コンバータが開発された経緯、共振スイッチと共振スイッチを降圧形コンバータに適用した4つの回路例、絶縁形共振コンバータのいろいろな回路方式について説明します。第2部では、最も広く使われている電流共振形コンバータの動作電圧・電流、昇降圧比、静特性、動特性、出力電圧の過渡応答、周波数特性の理論式を新しい方法で導き、計算結果を示します。また、設計に際して注意すべき点についても説明します。

目次

第1部 共振形コンバータとその代表的な回路方式(共振形コンバータが開発された背景;共振スイッチと共振形コンバータ;絶縁形共振コンバータ)
第2部 電流共振形コンバータの基礎(動作原理;無負荷状態の動作;負荷を引いた状態の動作;静特性;動特性;出力電圧の過渡応答;周波数特性;設計に際して注意すべき点)
付録

著者等紹介

落合政司[オチアイマサシ]
長崎大学大学院生産科学研究科博士課程修了、工学博士。元群馬大学客員教授(2012~2017年度)。芝浦工業大学非常勤講師(2014年度~)。小山工業高等専門学校非常勤講師(2011年度~)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。