知の科学<br> 多人数インタラクションの分析手法

個数:
  • ポイントキャンペーン

知の科学
多人数インタラクションの分析手法

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月04日 17時46分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 252p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784274207327
  • NDC分類 007.1

内容説明

人間を人間たらしめている「知(intelligence)」は21世紀の現在も研究者たちの眼前にそびえる大きな壁である。人工知能研究は、この「知」の壁に挑む大きな挑戦とも言える。この「知の科学」シリーズでは、その挑戦の最前線を「核心部分」から「応用分野」まで、実際に挑み続ける研究者自身が解説する。

目次

序章 本書の目指すところ
1章 多人数インタラクション研究とは
2章 音声コミュニケーション研究のための分析単位
3章 会話・対話・談話研究のための分析単位
4章 ジェスチャー研究のための分析単位
5章 会話構造理解のための分析単位
6章 多人数インタラクション研究の展望

著者紹介

坊農真弓[ボウノウマユミ]
2005年神戸大学大学院総合人間科学研究科修了。博士(学術)。2005年ATRメディア情報科学研究所研究員。2006年京都大学大学院情報学研究科研究員。2007年日本学術振興会特別研究会(PD)。カリフォルニア大学ロサンゼルス校客員研究員。2008年テキサス大学オースティン校客員研究員。現在、国立情報学研究所コンテンツ科学研究系助教。所属:社会言語科学会・人工知能学会・情報処理学会・日本手話学会・日本認知科学会

高梨克也[タカナシカツヤ]
2000年京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程認定退学。情報通信研究機構(旧通信総合研究所)専攻研究員。2005年東京大学大学院情報学環客員研究員。2005年京都大学学術情報メディアセンター産学官連携研究員。現在、京都大学大学院学術情報メディアセンター特定助教。所属:人工知能学会・言語処理学会・日本認知科学会・社会言語科学会(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)