C言語ではじめる音のプログラミング―サウンドエフェクトの信号処理

個数:

C言語ではじめる音のプログラミング―サウンドエフェクトの信号処理

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 168p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784274206504
  • NDC分類 007.64
  • Cコード C3055

目次

音に触る
音を見る
音を響かせる
音を歪ませる
音を揃える
音を分離する
音を強調する
音を揺らす
音を広げる
音を削る
音を伸縮する
音を上下させる

著者等紹介

青木直史[アオキナオフミ]
1972年札幌市に生まれる。1995年北海道大学工学部電子工学科卒業。1997年北海道大学大学院工学研究科修士課程修了。2000年北海道大学大学院工学研究科博士課程修了(工学博士)。北海道大学大学院工学研究科助手。現在、北海道大学大学院情報科学研究科助教。専門はマルチメディア情報処理(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

音楽CD、携帯電話、デジタル放送、Webコンテンツなど、身近な情報・通信環境では、音の信号処理が当たり前のように使われるようになった。しかし、信号処理の数学理論は高度で、初心者には大変敷居が高い。本書は、数学理論を必要最小限に抑え、テレビや DVDなどでよく耳にするサウンドエフェクトを題材にしてパソコン上で実際にプログラミングしながら学ぶ、音・音声ディジタル信号処理の入門書である。