東京理科大学・坊っちゃん選書<br> ゴムはなぜ伸びる?―500年前、コロンブスが伝えた「新」素材の衝撃

個数:

東京理科大学・坊っちゃん選書
ゴムはなぜ伸びる?―500年前、コロンブスが伝えた「新」素材の衝撃

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお受けできません)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 136p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784274204562
  • NDC分類 578.2

内容説明

携帯電話、テレビ、パソコン、冷蔵庫、洗濯機、掃除機、エアコン、住宅、ビル、自動車、鉄道、飛行機…みんなゴムが支えていた。ゴムの不思議に迫る。

目次

第1章 ゴムっていったいなんだ?
第2章 「輪ゴム」で遊んでみよう!
第3章 自動車用タイヤはなぜ黒いのだろう
第4章 万能に思えるゴムにも弱点はある
第5章 驚きの性質をもつハイテク・ゴムたち
第6章 ゴムはまだまだ進化していく

著者紹介

伊藤眞義[イトウマサヨシ]
東京理科大学理学部第二部化学科教授。理学博士。日本ゴム協会理事、繊維学会評議員。1944年、秋田県生まれ。1970年、東京理科大学大学院修士課程修了。1994年、繊維学会賞受賞。1995年より現職。専門は高分子材料物性。特に繊維とゴム材料の力学的特性に関する研究に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)