東京理科大学・坊っちゃん選書
脳でシナジーする科学と社会―回転寿司、パチンコ、そしてキャラクター論まで

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 131p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784274204456
  • NDC分類 491.371
  • Cコード C3040

内容説明

脳実験で快感、商品、サービスを探る。

目次

第1章 回転寿司と眉間のあたり
第2章 回転寿司からゲーム、麻雀、パチンコを考える
第3章 ストレスと旅
第4章 予告と快感をコントロールされると人間は弱い
第5章 「脳の癖」に合わせたサービスが必要だ
第6章 キャラクター商品の脳科学的戦略

著者紹介

篠原菊紀[シノハラキクノリ]
諏訪東京理科大学共通教育センター教授。学生相談室室長。専門健康心理士。1960年、長野県生まれ。1991年、東京大学大学院教育学研究科博士課程中退。専門は脳システム論、健康教育学。アミューズメント産業、観光産業、教育産業などとの共同研究多数。テレビ、雑誌の仕事もする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)