図解ロボット技術入門シリーズ<br> ロボットセンシング―センサと画像・信号処理

個数:
  • ポイントキャンペーン

図解ロボット技術入門シリーズ
ロボットセンシング―センサと画像・信号処理

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 195p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784274204166
  • NDC分類 548.3
  • Cコード C3053

目次

1章 ロボットセンサの概要
2章 センサ信号の基礎技術
3章 位置・変位のセンサ
4章 力学量・運動量のセンサ
5章 画像センサ
6章 ロボットセンサシステムの実例

著者紹介

大山恭弘[オオヤマヤスヒロ]
1956年、埼玉県生まれ。東京工業大学大学院博士課程を修了後、アドバンストコントロールラボラトリ株式会社にて産業用ロボットコントローラ、制御教育機器の開発に従事。1991年、東京工科大学に着任し、講師、助教授を経て、教授。この間、工作機械のコントローラの開発、福祉用ロボットの開発などメカトロニクス分野の制御系設計および制御理論教育に従事

橋本洋志[ハシモトヒロシ]
1960年、福岡県小倉生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科博士課程単位取得退学後、同理工学部助手を経て、1990年から東京工科大学に勤務、准教授として現在に至る。この間、理化学研究所(分散適応ロボティクス研究ユニット)研究員、日本e‐Learning学会理事などを兼任。複雑なシステムの計測・同定・制御、福祉・スポーツ制御機器の開発、サイバネティックインタフェースなどの研究に従事。学生主体のRoboCup小型リーグと4足リーグへの参戦も行う。オーム社から多数の教育・技術・学術書を出版。日本の新産業のためのシステムインテグレーション工学、サービス工学を打ち出している。また、いわゆるRTはRobot TechnologyのみならずRomance Technologyでもあると提唱している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)