ヒートポンプ入門―地球温暖化対策の切り札

個数:

ヒートポンプ入門―地球温暖化対策の切り札

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年02月20日 11時34分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 150p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784274203855
  • NDC分類 533

内容説明

京都議定書が発効し、CO2排出量削減の具体策が国、業界、企業として緊急の課題です。そのような状況のなか、身の回りにある「空気の熱」を利用するヒートポンプ技術を利用した機器(家庭用給湯器、ターボ冷凍機、エアコンなど)は、原子力発電所同様に燃焼部分がなく、CO2を排出しないため、ユーザーサイドの地球温暖化対策技術として注目されています。本書は、他の機器に比べて、省エネ・省CO2対策面で格段に有用で将来性の高い、しかも現実的な温暖化対策技術であるヒートポンプについての入門書です。

目次

第1編 ヒートポンプの世界(ヒートポンプ技術の登場;国のエネルギー対策とヒートポンプ;ヒートポンプの原理;地球温暖化防止とヒートポンプ;家庭で使われるヒートポンプ;ビル・店舗で使われるヒートポンプ;工場で使われるヒートポンプ;蓄熱システムによる電力負荷平準化;空気の熱は自然エネルギー;ヒートポンプを取り巻く環境;さまざまなヒートポンプと技術動向;ヒートポンプ「10のメリット」)
第2編 ヒートポンプの開発(自然冷媒ヒートポンプ給湯機の開発;高効率インバータターボ冷凍機の開発;CO2を出さない晴海トリトンの街づくり;ヒートポンプ乾燥機の開発)