Ohm bio science books<br> 図解 遺伝子の調節機構―λファージの遺伝子スイッチ

個数:
  • ポイントキャンペーン

Ohm bio science books
図解 遺伝子の調節機構―λファージの遺伝子スイッチ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月06日 21時44分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 205p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784274202308
  • NDC分類 465.8

目次

第1章 遺伝子発現制御における主な構成要素
第2章 タンパク質―DNA間相互作用と遺伝子発現制御
第3章 遺伝子発現制御回路―遺伝子スイッチの設定
第4章 明らかにするための方法―鍵となる実験
第5章 2004:新しい展開
付録1 高性能DNA結合性タンパク質の設計
付録2 強い相互作用と弱い相互作用

著者紹介

Ptashne,Mark[PTASHNE,MARK][Ptashne,Mark]
米国オレゴン州ポートランドのリード・カレッジで化学を学んだ後、ハーバード大学よりPh.D.(分子生物学)取得。1968年同大学講師、1971年教授。1980年から1983年まで生化学・分子生物学部門長をつとめる。1997年よりスローン・ケタリング記念癌センター分子生物学ルードウィヒ冠教授に転じ、現在に至る。λリプレッサーの発見(1967年)を皮切りに、転写レベルでの遺伝子の発現調節機構の研究では常に世界をリードし、アルバート・ラスカー基礎医学研究賞(1997年)をはじめ数多くの賞を受けている

堀越正美[ホリコシマサミ]
1956年群馬県生まれ。1980年東京大学薬学部卒業。1985年東京大学大学院薬学系研究科博士課程修了、薬学博士。米国ロックフェラー大学博士研究員。1989年米国ロックフェラー大学助教授。1992年東京大学応用微生物研究所助教授。1993年東京大学分子細胞生物学研究所助教授。1997年~2002年科学技術振興機構(JST)創造科学技術推進事業(ERATO)堀越ジーンセレクター(Gene Selector)プロジェクト総括責任者兼任。研究テーマは遺伝子発現制御機構論、生命現象制御機構論および生物推化制御機構論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)