製造現場の事故を防ぐ安全工学の考え方と実践

個数:
電子版価格 ¥2,700
  • 電書あり

製造現場の事故を防ぐ安全工学の考え方と実践

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 246p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784274069154
  • NDC分類 509.8
  • Cコード C3050

内容説明

本書では、安全管理の現状から見た課題を、「リスクアセスメント」、「ルール遵守の徹底と変更管理」、「情報伝達とコミュニケーション」としてまとめ、これからの安全管理のあり方として「リスクゼロ(絶対安全)からリスクベースの安全管理への移行」を提言している。

目次

第1章 現場安全管理の課題
第2章 安全管理の基本
第3章 リスクアセスメント
第4章 ルール遵守と変更管理
第5章 情報の伝達
第6章 経営トップの役割と責任
第7章 これからの安全管理
付録 法令ならびに指針に関する解説

著者等紹介

中村昌允[ナカムラマサヨシ]
1945年富山県で生まれ、東京大学工学部工業化学科を卒業後、1968年にライオン油脂株式会社(現ライオン株式会社)に入社。主に合成洗剤の開発研究と工業化に従事した。この間、無リン洗剤、小型化洗剤、新規界面活性剤「MES」、カロチン抽出技術を工業化した。1991年開発責任者として導入したプラントが爆発事故を起こし、以後、安全関係、さらに技術者の行動に深い関心を寄せる。近年発生した化学プラント事故の事故調査委員、労働安全衛生総合研究所外部評価委員などを務める。2005年から東京農工大学技術経営研究科の教授となり、2008年からは東京工業大学客員教授も兼務。埼玉大学より学位(工学)を取得。技術士(化学部門)、労働安全コンサルタント(化学部門)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。