古文教材の考察と実践―教育と研究のフィールドをつないで

個数:
  • ポイントキャンペーン

古文教材の考察と実践―教育と研究のフィールドをつないで

  • 須藤 敬【著】
  • 価格 ¥9,720(本体¥9,000)
  • おうふう(2014/05発売)
  • クリスマス ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 180pt
  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 236p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784273037567
  • NDC分類 375.8
  • Cコード C3093

目次

第1部 教材『平家物語』の考察(教材としての『平家物語』―「那須与一」を入り口に;“戦い”の描写における伝統的な言語文化―『大造じいさんと雁』から『平家物語』「敦盛最期」「木曽最期」へ;『平家物語』の戦闘場面を教室で読むこと―フィクション化における描写を支えるもの;教材・向田邦子『字のない葉書』『ごはん』の考察―戦争観と父親像を考える学習目標の検討)
第2部 個別教材論(教材「児のそら寝」の考察―古文導入教材としての適合性を考える;教材「浦島太郎」の考察―古典への入口は易く、奥行きは深く;教材「絵仏師良秀」の考察―現代に引き継がれるテーマとは;教材「筒井筒」の考察―評価の観点を得るために;教材「馬盗人」の考察、並びに『発心集』「蓮花城、入水の事」の授業実践―古文を用いて考える“伝え合う力”)
第3部 教材から研究のフィールドへ(『大鏡』時平抜刀の太刀をめぐる史実と伝承;『平家物語』「頚ねぢきッて」という表現をめぐって―源為朝・巴・畠山重忠)

著者紹介

須藤敬[スドウタカシ]
埼玉学園大学准教授。1957年生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科修士課程修了。東京都立高島高等学校、上野忍岡高等学校、筑波大学附属駒場中学・高等学校教諭、東京学芸大学、慶應義塾大学非常勤講師等を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)