佐幕派の文学―「漱石の気骨」から詩篇まで

個数:
  • ポイントキャンペーン

佐幕派の文学―「漱石の気骨」から詩篇まで

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 279p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784273037352
  • NDC分類 910.26

内容説明

戊辰戦争敗者の文学―『佐幕派の文学史』以後の漱石、鴎外、荷風、透谷、啄木等、佐幕派に関わるエッセイ、講演、詩篇も加えて明治文学の魅力を語る。

目次

漱石の気骨―博士問題・佐幕派気質
漱石 佐幕派文学の魅力―『坊っちゃん』『草枕』『三四郎』『こゝろ』を中心に
東北岩手と『佐幕派の文学史』―啄木没後百年に寄せて
『永日小品』の「懸物」―ある佐幕派家族の小さな物語
高瀬川は流れる―漱石、鴎外、そして啓一郎へ
原敬の遺書と鴎外の遺書
佐幕派荷風
透谷の母と啄木の母―佐幕派子弟の訓育について
透谷と「文学史」―「明治文学史」研究のこと
透谷と村上春樹―第二の宮と地下二階〔ほか〕

著者紹介

平岡敏夫[ヒラオカトシオ]
1930年香川県生まれ。文学史家(日本近代文学専攻)・文学博士。筑波大学教授、群馬県立女子大学学長を経て、両大学名誉教授。日本学術会議会員、中国・韓国・台湾・タイ・アメリカで客員教授、日本大学(芸術学部)大学院講師等を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件