おうふう政治ライブラリー<br> 公共性をめぐる政治思想

個数:
  • ポイントキャンペーン

おうふう政治ライブラリー
公共性をめぐる政治思想

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 03時41分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 303p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784273035877
  • NDC分類 311.04

目次

まえがき―公共性をめぐる論点
公共性と情念―A.スミスの文明社会論における「公衆」の規範的権威
カントにおける応答と公開性
「世論」の誕生と民主的公共性の変容―建国後アメリカにおける公共性の構造転換
世論と公共性―ウォルター・リップマンと「同意の製造」の時代
同意と公共性―A.グラムシの市民社会論における同意の形成と解体
世界への配慮―H.アーレントにおける判断力と公共性
コミュニケーション的自由とその公共的使用―J.ハーバーマスの法・政治理論における基底
リベラリズムと公共性―J.ロールズの公共的理性について
共和主義、公共性、歴史叙述―ポーコック『野蛮と宗教』における人文主義的歴史叙述の解釈を中心に
「コミュニタリアン」における公共的なもの―M.サンデルとC.テイラーを中心に
グローバルな社会における公共性―J.ドライゼクとJ.ボーマンの議論を中心に

著者紹介

齋藤純一[サイトウジュンイチ]
早稲田大学政治経済学術院教授。政治理論・政治思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)