発達障害児の心理学と育児・保育―就学前の発達が気になる子どもとその親へのサポート

個数:
  • ポイントキャンペーン

発達障害児の心理学と育児・保育―就学前の発達が気になる子どもとその親へのサポート

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 168p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784273035662
  • NDC分類 378

内容説明

発達障害の子ども、その疑いのある子どもを理解しよう。発達障害ってなに?どんな障害があるの?こんなときはどうするの?あなたの知りたい答えがここにある。

目次

第1章 発達障害についての基礎的理解(発達とはどんなことでしょう―発達心理学の基本的理解;発達障害とはどんな障害―発達障害の基本的概念の理解;発達障害のいろいろ―各発達障害の発達心理学的特性の理解)
第2章 発達障害児の育児(わが子に発達障害があると知って;親の関わり方;親はわが子に教えられ)
第3章 発達障害児の保育(集団生活に入れてなにがかわるのか―集団生活経験の意義;通園施設ではどんな指導をしてくれるのか―通園施設の保育内容;保育所ではどんな指導をしてくれるのか―保育所の障害児保育;幼稚園ではどんな指導をしてくれるのか―幼稚園の障害児保育;保育所・幼稚園でさらなる発達を願って―発達支援と巡回指導)
第4章 発達障害児の療育指導(療育指導と保育との違い―療育指導の理解;療育指導はどこでしているのか―療育指導機関について;どんな療育指導を受けるのか―主な療育指導の理解)
第5章 Q&Aと発達障害児の予後(こんなことがわからない―発達障害児についてのQ&A;学校にいけるの?―就学について;発達障害児は大きくなったら治るの?―発達障害児の予後)

著者紹介

会津力[アイズツトム]
1962年東京教育大学(現筑波大)教育学部心理学科卒業。臨床発達心理士。元聖徳大学教授。専門は臨床発達心理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)