修辞論

個数:

修辞論

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 446p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784273035129
  • NDC分類 911.102
  • Cコード C3092

目次

論文編(修辞論小考;音喩と口語;喩の遊び―音に懸ける;古代修辞のフォノロジー―万葉の音風景 ほか)
語誌編(あれ(荒れ・生れ)
いつ・いつく・ゆつ
いむ・いみ
うつせみ・うつつ・うつら ほか)

著者紹介

近藤信義[コンドウノブヨシ]
昭和13年12月6日東京都豊島区雑司ヶ谷に生まれる。昭和41年4月国学院大学大学院文学研究科日本文学専攻博士課程(昭和44年3月単位取得満期退学)。文学修士、博士(文学)。昭和36年4月東京都杉並区立東田中学校非常勤講師(昭和37年3月まで)。平成元年4月立正大学文学部教授(現在まで)。平成14年4月国学院大学大学院日本文学研究科非常勤講師(現在まで)。この間、数々の大学等で講師歴あり。学会活動:昭和38年~現在、古代文学会(例会委員、事務局、編集委員を歴任)会員。昭和41年~現在、万葉学会会員、美夫君志会(平成7年度より理事)会員、上代文学会(平成5年度より常任理事、13・14年度代表理事)会員。昭和59年~現在、全国大学国語国文学会(昭和62、63年度編集委員)会員、立正大学国語国文学会(平成17年度より会長)会員。平成7年~現在、日本文学協会(平成7年度より10年度運営委員、同18・19年度監査)会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)