憑り来ることばと伝承―託宣・神功皇后・地域

  • ポイントキャンペーン

憑り来ることばと伝承―託宣・神功皇后・地域

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 334p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784273034900
  • NDC分類 910.23

内容説明

憑依する神功皇后をめぐる言説を軸に、個別性と地域性にこだわることで、古代から近代のことばや歴史への認識を問い直す。

目次

序章 憑依・託宣・伝承―折口信夫の文学発生論と展開論から
1章 託宣論―霊性・唱導・記述(託宣のことば―神の名告り・説話・文字;託宣考―ことばの霊性から;託宣と神婚伝承―百襲姫と松浦佐用姫;変容する託宣神―コトシロヌシ考;道賢冥途記を読む―唱導・託宣・記述;宗教実践の書『八幡宇佐宮御託宣集』)
2章 神功皇后伝承論―北部九州地域から(海を越えた皇后―神功皇后と新羅・筑紫;神功皇后と土蜘蛛・羽白熊鷲;筑前・筑後の神功皇后伝承―古代・中近世・近代;肥前・壱岐の神功皇后伝承;対馬の神功皇后伝承;近代に至る〈みこともち〉神功皇后―絵馬・朝鮮侵略。国定教科書)
終章 地域を越えた交流―海洋民の伝えた(伎)

著者紹介

吉田修作[ヨシダシュウサク]
1947年東京都生まれ。慶応義塾大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。現在、福岡女学院大学人文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)