斎藤緑雨論攷

個数:
  • ポイントキャンペーン

斎藤緑雨論攷

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 278p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784273033880
  • NDC分類 910.268

目次

『油地獄』論―新聞雑報「今宗玄」との比較を契機に
緑雨の『国会』時代(ノート)
自評論争覚え書き(一)―宮崎三昧「吾亡妻」とその周辺
自評論争覚え書き(二)―緑雨の「『吾亡妻』は偽物なり」をめぐって
「小説八宗」以前の緑雨―『東西新聞』を中心に
斎藤緑雨の出発期・考
緑雨とレトリック―その型と形式への意志
緑雨の一書簡をめぐって
緑雨追跡十余年
時代に切り込んだ批評魂
斎藤緑雨『かくれんぼ』
逸話にみる―一葉のポートレートから

著者紹介

池田一彦[イケダカズヒコ]
1955年東京生まれ。千葉大学教育学部卒業、立教大学大学院博士課程中退。岐阜教育大学を経て、成城大学教授。専攻は明治文学