小説家の誕生 瀬戸内寂聴

個数:
  • ポイントキャンペーン

小説家の誕生 瀬戸内寂聴

  • 秋山 駿【著】
  • 価格 ¥1,620(本体¥1,500)
  • おうふう(2004/10発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 30pt
  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 155p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784273033460
  • NDC分類 910.268

目次

インタビューの後で(あるいは、聴く人)
万華鏡への意思と私小説
聴く耳から発した文芸時評
作家出発時に一つの事件
もう一つの処女作『田村俊子』
『夏の終り』と私小説
『かの子撩乱』と批評文学
閑談・雑談
『女徳』をめぐって
瀬戸内さんの「大衆文学」〔ほか〕

著者紹介

秋山駿[アキヤマシュン]
文芸評論家。1930年、東京に生まれる。早稲田大学文学部仏文科を卒業。60年、評論「小林秀雄」で第三回群像新人文学賞を受賞。第一評論集『内部の人間』によって特異な批評家として注目を浴びた。東京新聞、読売新聞、毎日新聞でながく文芸時評を担当した。90年『人生の検証』で第一回伊藤整文学賞、96年『信長』で毎日出版文化賞、野間文芸賞を受賞。芸術院会員