証言記録 市民たちの戦争〈2〉本土に及ぶ戦禍

個数:
  • ポイントキャンペーン

証言記録 市民たちの戦争〈2〉本土に及ぶ戦禍

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年12月14日 00時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 355p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784272502172
  • NDC分類 916
  • Cコード C0321

内容説明

戦局の悪化とともに、日本本土は激しい空襲や砲撃にさらされる。「銃後」の人々を襲った恐怖。奪われた無数の小さな命。そして、今も癒えない傷―。60人以上の戦争体験者の証言。

目次

1(試練に耐えた「少軍隊」―宮城・学童集団疎開の記録;海に沈んだ学友たち―沖縄・対馬丸)
2(封印された大震災―愛知・半田;禁じられた避難―青森市)
3(戦場になると噂された町―茨城・勝田;B29墜落“敵兵”と遭遇した村―熊本・阿蘇;爆撃された教室―大分・保戸島)

著者紹介

吉田裕[ヨシダユタカ]
1954年、埼玉県生まれ。一橋大学大学院社会学研究科教授

一ノ瀬俊也[イチノセトシヤ]
1971年、福岡県生まれ。埼玉大学教養学部准教授

佐々木啓[ササキケイ]
1978年、埼玉県生まれ。茨城大学人文学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)