男が暴力をふるうのはなぜか―そのメカニズムと予防

個数:
  • ポイントキャンペーン

男が暴力をふるうのはなぜか―そのメカニズムと予防

  • 提携先に2冊在庫がございます(2017年12月14日 07時54分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 228,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784272420131
  • NDC分類 367.2
  • Cコード C0011

内容説明

暴力を引き起こす男性性の論理を分析し、その予防法を三段階で提案。さらに「暴力で誰が得をしているのか」という問題にまで踏み込み、支配層による政治的レトリックを暴き出す。ジェンダー平等と非暴力の地平を見据える比類なき暴力論。

目次

序論 暴力を予防するための二つのアプローチ
第1章 恥と自我の死
第2章 暴力の社会的原因
第3章 男らしさの証としての暴力
第4章 暴力の新しい理論
第5章 暴力の少ない社会をつくるために
第6章 第二次予防=早期介入
第7章 第三次予防=治療的介入
第8章 暴力で誰が得をするのか

著者紹介

ギリガン,ジェームズ[ギリガン,ジェームズ][Gilligan,James]
1935年生まれ。ハーバード医学校教授を経て、現在ニューヨーク大学教授。専門は精神医学。ハーバード医学校在籍時は、マサチューセッツ刑務所で25年間にわたって犯罪者の精神医療に携わり、「暴力研究センター(the Center for the Study of Violence)」の所長を務める。クリントン政権時にその実績を買われ、大統領から「反青少年暴力国民キャンペーン(the National Campaign Against Youth Violence)」の評議委員に任命された

佐藤和夫[サトウカズオ]
1948年生まれ。千葉大学教育学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)