シリーズ大学生の学びをつくる<br> 大学生のためのメンタルヘルスガイド―悩む人、助けたい人、知りたい人へ

個数:

シリーズ大学生の学びをつくる
大学生のためのメンタルヘルスガイド―悩む人、助けたい人、知りたい人へ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年07月18日 18時20分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 208p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784272412358
  • NDC分類 493.79
  • Cコード C0011

内容説明

つらいとき、自分に自信がもてないとき。誰もが抱えるこころの悩みに。

目次

毎日ネット漬けの生活ってヤバいかな?
つらいときにネットで相談するのってどう?
誰にも頼れないし、お金もない
こつこつおいしくお酒を飲むコツ
彼とのセックスがつらい
「知らざる人」が「知る人」となる
男が気になる俺って変?
空気が読めない、他人に迷惑をかけてしまう
やせたい、太りたくない、でも食べたい
テンションを上げたい、嫌なことを忘れたい
ギャンブルで勝って、こづかいを増やしたいんだけど…
傷つくのが怖くて、人に会いたくない
自分を傷つけると安心するんだけど…
友だちが「死にたい」っていうんだけど、自分に何ができる?

著者等紹介

松本俊彦[マツモトトシヒコ]
1967年神奈川県生まれ。国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部部長。日本アルコール・アディクション学会、日本精神科救急学会、日本社会精神医学会の理事も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

大学生が直面しやすいメンタルヘルスの問題に対してそれぞれの分野を代表する専門家がやさしく解説。処方箋となる1冊。対人関係、貧困、セックス、自傷、摂食障害、自殺念慮、各種依存(アルコール、ギャンブル、ネット)など、大学生が直面しやすいメンタルヘルスの問題に対してそれぞれの分野を代表する専門家がやさしく解説。処方箋となる1冊。

まえがき(松本俊彦)

1. 毎日ネット漬けの生活ってヤバいかな?(中山秀紀)
2. つらいときにネットで相談するのってどう?(末木 新)
3. 誰にも頼れないし、お金もない(鈴木晶子)
4. こつこつおいしくお酒を飲むコツ(長 徹二)
5. 彼とのセックスがつらい(宋 美玄)
6. 「知らざる人」が「知る人」となる(井原 裕)
7. 男が気になる俺って変?(日高庸晴)
8. 空気が読めない、他人に迷惑をかけてしまう(姜 昌勲)
9. やせたい、太りたくない、でも食べたい(水島広子)
10. テンションを上げたい、嫌なことを忘れたい(嶋根卓也)
11. ギャンブルで買って、こづかいを増やしたいんだけど……(河本泰信)
12. 傷つくのが怖くて、人に会いたくない(斎藤 環)
13. 自分を傷つけると安心するんだけど……(松本俊彦)
14. 友だちが「死にたい」っていうんだけど、自分に何ができる?(勝又陽太郎)

松本 俊彦[マツモト トシヒコ]
1967年神奈川県生まれ。国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 薬物依存研究部部長。
佐賀大学医学部卒業後、神奈川県立精神医療センター 医員、横浜市立大学医学部附属病院精神科助手、国立精神・神経センター精神保健研究所 司法精神医学研究部室長、同研究所 /自殺予防総合対策センター副センター長などを経て、2015年より現職。日本アルコール・アディクション学会理事、日本精神科救急学会理事、日本社会精神医学会理事。
おもな著書に、『自分を傷つけずにはいられない――自傷から回復するためのヒント』(講談社)、『自傷行為の理解と援助――「故意に自分の健康を害する」若者たち』(日本評論社)、『アルコールとうつ・自殺――「死のトライアングル」を防ぐために』(岩波書店)、『よくわかるSMARPP――あなたにもできる薬物依存者支援』(金剛出版)ほか。