子育てと健康シリーズ<br> 揺さぶられっ子症候群と子どもの事故―小児救急外来の現場から

個数:

子育てと健康シリーズ
揺さぶられっ子症候群と子どもの事故―小児救急外来の現場から

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年04月15日 05時38分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 143p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784272403196
  • NDC分類 493.92
  • Cコード C0337

内容説明

子どもの突然死や事故。原因は何か、どう予防するか。

目次

1 揺さぶられっ子症候群と子どもの突然死(揺さぶられっ子症候群とは?;揺さぶられっ子症候群との出会い;揺さぶられっ子症候群の症例;原因と予防 ほか)
2 子どもの事故はなぜ起こるか(事故の多くは親の不注意や油断;年齢別事故の特徴;事故が起こる場所の特徴;誤飲事故 ほか)

著者等紹介

伊藤昌弘[イトウマサヒロ]
都立墨東病院小児科医長。1985年、島根医科大学卒業。東京医科歯科大学小児科、総合病院取手協同病院、都立豊島病院、都立府中療育センターを経て、1993年より現在に至る
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Takao

3
2003年7月18日発行(初版)。すでに20年近く前の出版。前半は「揺さぶられっ子症候群」と乳幼児突然死症候群(SIDS)の解説。著者は都立墨東病院救急救命室勤務(当時)で、小児科医長、救急車で運び込まれる子どもたちの多数の事例も紹介されている。後半は「子どもの事故はなぜ起こるか」。誤飲、溺水、熱中症、火傷、頭部外傷などについて、発生の原因や注意などが述べられている。幼い子どもたちの事故例が紹介されていて、中には死亡や、重篤な後遺症が残るケースなどがあり、その状況を思い描くのが辛くなる。2022/02/24

シダネル

0
子どもの事故、発達障害が残る例も多くおそろしいですね…2022/03/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1568056
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。