そこが知りたい電力自由化―自然エネルギーを選べるの?

個数:

そこが知りたい電力自由化―自然エネルギーを選べるの?

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年08月12日 14時40分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 192p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784272330881
  • NDC分類 540.921
  • Cコード C0054

出版社内容情報

電力自由化とは何かという基礎知識をわかりやすく解説し、自然エネルギーや「ご当地電力」を育てていくための具体的な方途を探る。電力自由化とは何かという基礎知識をわかりやすく解説し、一人ひとりが電力システムにどう参加していったらいいのかを考える。そして、取材を通して自然エネルギーや「ご当地電力」を育てていくための具体的な方途を探っていく。


1章 電力自由化で何が変わる?
2章 電力自由化ってなんだろう?
3章 変わりはじめた電力システム
4章 何が問題?日本の自由化
5章 これからの自然エネルギーと原発
6章 地域の新電力・エネルギーは地方活性化の切り札?
7章 再エネにこだわる新電力会社   
8章 私たちにできることは?

高橋 真樹[タカハシ マサキ]
フリーライター。『ご当地電力はじめました』(岩波ジュニア新書)、『ストップ原発? 原発と私たちの社会』『自然エネルギー革命をはじめよう』(大月書店)。

目次

1章 電力自由化で何が変わる?
2章 電力自由化ってなんだろう?
3章 変わりはじめた電力システム
4章 何が問題?日本の電力自由化
5章 これからの自然エネルギーと原発
6章 自然エネルギーは地域活性化の切り札
7章 自然エネルギーを広げる新電力会社
8章 私たちにできること

著者等紹介

高橋真樹[タカハシマサキ]
1973年東京生まれ。ノンフィクションライター。平和協同ジャーナリスト基金奨励賞受賞、放送大学非常勤講師。「持続可能な社会」をテーマに国内外各地を取材をして、雑誌やWEBなどに発表している。著書多数。エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議(エネ経会議)が主宰する「高橋真樹の全国ご当地エネルギーリポート!」では、各地のエネルギーシフトの取り組みを伝えている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

香菜子(かなこ・Kanako)

31
そこが知りたい電力自由化: 自然エネルギーを選べるの?。高橋真樹先生の著書。電力自由化の基礎が理解できる良書。原子力発電所問題や地球環境問題をきっかけに電力自由化についても真剣に考えている人が増えているように思います。2019/02/10

樋口佳之

19
16年夏に刊行の本。当時九州電力が行うような出力抑制とか想像出来なかったと思う。ポテンシャルはすごいのは間違いないでしょう。送電網のあり方がキーになるのでしょう。kindle 60%off2018/10/22

futabakouji2

6
電力自由化のことがさっぱりわからないので読んだ本。説明はすごくわかりやすかった。電力の管理は大手の電力会社が国の保護で独占されていた。しかし、手厚い保護で長年経営してきたので、地域間を越えた電力体制を築けないとのこと。日本の電力はいったいどうなるのやら?と興味が持てる一冊でした。2018/07/12

Doraneko358

1
前から電力自由化について気になっていたのでこうした本は非常にありがたいと思った。2017/05/05

まんぼう

1
春の自由化の折りには世界が変わる気がしてワクワクしたものだが、蓋を開けてみれば、なんだかよくわからないしいったいどこに変えたらいいのやら…。そんなもやもやを、実際もやもやしてるんだよね、と解説しつつ、不安や残念な気もちを払拭して前向きに電力自由化を考えようと思わせてくれる。とっつきづらいかなと思って読み始めましたが、面白くてあっというまに読み終わってしまいました。2016/08/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11106033

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。