自衛隊協力映画―『今日もわれ大空にあり』から『名探偵コナン』まで

個数:

自衛隊協力映画―『今日もわれ大空にあり』から『名探偵コナン』まで

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月21日 08時33分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 331p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784272330812
  • NDC分類 778.21
  • Cコード C0036

内容説明

「航空映画」「『ゴジラ』シリーズ」「『ガメラ』シリーズ」「マンガ原作」「福井晴敏作品」「現代の自己犠牲」「救難現場」「戦争映画」―自衛隊が製作に協力した劇映画35作品を、政治経済的背景と映画表象を関連づけて分析。官民相互依存のポリティクスを描きだす。

目次

第1部 自衛隊協力映画とは(映画研究における自衛隊協力映画;防衛省の映画広報戦略)
第2部 自衛隊協力映画の作品分析(憧れの戦闘機パイロット;『ゴジラ』シリーズの自衛隊;平成『ガメラ』の衝撃;マンガ作品の映画化;福井晴敏の作品;現代の自己犠牲;救難現場での活躍;自衛隊協力映画の太平洋戦争)
第3部 自衛隊協力映画のカルチュラル・ポリティクス(自衛隊協力映画の時代的背景;自衛隊協力映画に見る「ジコチュー・ナショナリズム」)

著者等紹介

須藤遙子[スドウノリコ]
1969年生まれ。横浜市立大学大学院博士後期課程単位取得満期退学。学術博士。メディア学、文化政治学。愛知県立芸術大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

自衛隊が製作に協力した劇映画35作品を、政治経済的背景と映画表象を関連づけて分析。官民相互依存のポリティクスを描きだす。

自衛隊が広報活動として製作に協力する劇映画がある。戦車や爆撃機までもが無償=税金で提供される、その自衛隊協力映画35作品を、政治・経済・社会的背景と映画表象を関連づけて分析。官民相互依存のポリティクスを描きだす。

第?T部 自衛隊協力映画とは
第1章 映画研究における自衛隊協力映画
第2章 防衛省の映画広報戦略

第?U部 自衛隊協力映画の作品分析
第3章 憧れの戦闘機パイロット
第4章 『ゴジラ』シリーズの自衛隊
第5章 平成『ガメラ』の衝撃
第6章 マンガ作品の映画化
第7章 福井晴敏の作品
第8章 現代の自己犠牲
第9章 救難現場での活躍
第10章 自衛隊協力映画の太平洋戦争

第?V部 自衛隊協力映画のカルチュラル・ポリティクス
第11章 自衛隊協力映画の時代的背景
第12章 自衛隊協力映画に見る「ジコチュー・ナショナリズム」

【著者紹介】
1969年生まれ。横浜市立大学大学院博士後期課程単位取得満期退学。学術博士。メディア学、文化政治学。愛知県立芸術大学非常勤講師。共編著『コンテンツ化する東アジア―大衆文化・メディア・アイデンティティ』(青弓社、2012年)