オルタナティブ・メディア―変革のための市民メディア入門

個数:

オルタナティブ・メディア―変革のための市民メディア入門

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 269,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784272330577
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C0036

出版社内容情報

スポンサーと慣習に縛られ、商業化する大企業マスメディアの足下で、庶民の多様な声や視点を伝える自主メディアや個人メディアが無数生まれている。ミニコミやインターネットまで、あらゆる手段を使って世界の均一化に抵抗するメディア運動の数々を紹介する。

内容説明

巨大化したマスメディア資本の足下で、生まれつづける自主メディアや個人メディアの数々。ミニコミ、無免許ラジオからインターネットまで、あらゆる手段を駆使して世界の均質化に抵抗するメディア運動の実践と手法を各国からレポート!各章テーマを深めるエクササイズ(練習問題)および豊富なWEBリソースを収録。

目次

第1章 オルタナティブを必要としているのは誰か
第2章 オルタナティブ/アクティビスト・メディアの歴史
第3章 ニュースにならない情報に価値がある
第4章 誰にでもできる個人ラジオ
第5章 映像の自主制作にトライしてみよう
第6章 アートの発想を活かす
第7章 私的メディア空間をつくる
第8章 インターネット空間の可能性
第9章 マイナーからメジャーへ
第10章 オルタナティブ・メディアの新時代

著者等紹介

ウォルツ,ミッチ[ウォルツ,ミッチ][Waltz,Mitzi]
ジャーナリスト、研究者。ミニコミや社会運動などのオルタナティブ・メディアにおいてライターおよび編集者として活躍。現在、バーミンガム大学ほかで講師を務める

神保哲生[ジンボウテツオ]
1961年生まれ。日本ビデオニュース株式会社代表取締役、立命館大学産業社会学部教授。コロンビア大学ジャーナリズム大学院修士課程修了後、AP通信などの記者を経て、94年ビデオジャーナリストとして独立。99年に日本初のニュース専門インターネット放送局「ビデオニュース・ドットコム」を設立し、現在も第一線で取材を続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

КИТАРУ МУРАКАМУ

2
あまりオルタナティブ・メディアに歴史的理解を持ち込んだものがよく見当たらないので、こういうテーマは貴重な本なのかな。親切なのかわからないが、練習問題までついている実践的なもので、アクティビティ心が掻き立てられますね。ええ!?。オルタナティブ・メディアはいろいろあれど、ニュー・メディアとしてのインターネットがやはりポピュラーなのかもしれないと思うと少し悲しくなったりと。よよよ。2012/12/25

Lian

0
同人活動やblogなどについての本。原書は2005年。日本と事情が異なる部分も多いけど、学べる事は多くある2009/01/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/94700

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。