1995年―未了の問題圏

個数:
  • ポイントキャンペーン

1995年―未了の問題圏

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月28日 23時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 283,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784272330560
  • NDC分類 304
  • Cコード C0036

内容説明

“失われた”ものは何か。若者たちの生の困難を洞察する社会哲学者と、声を上げはじめた新世代。対論を通じて迫る“1995年”のリアル。

目次

序論 1995年から始まる(中西新太郎)
対論1 生きづらさと1995年(雨宮処凛;中西新太郎)
対論2 戦後・宗教・ナショナリズム(中島岳志;中西新太郎)
対論3 「構造改革」と貧困(湯浅誠;中西新太郎)
対論4 家族・不登校・女性労働(栗田隆子;中西新太郎)
対論5 サブカルチャーと批評(杉田俊介;中西新太郎)
対論を終えて(中西新太郎)

著者等紹介

中西新太郎[ナカニシシンタロウ]
1948年生まれ、横浜市立大学教授。社会哲学、現代日本社会論。2004年~07年、季刊『前夜』編集委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

大震災とオーム事件、就職氷河期と「新時代の日本的経営」戦後50年と「ゴーマニズム宣言」・・私たちはまだ<1995年>の問題圏の内にある。サブカルチャーから政治・経済までを各方面で活躍する5人のが編者と迫る。