水俣病の真実―被害の実態を明らかにした藤野糺医師の記録

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784272330447
  • NDC分類 493.152
  • Cコード C0036

内容説明

公害は被害に始まり被害に終わる。被害の全貌を明らかにすることが公害を全面解決する前提である。いかに大企業や政府であれ水俣病被害を永遠に押し隠すことは絶対にできない。二〇〇四年一〇月一五日の水俣病関西訴訟最高裁判決を機に、この一年で約三〇〇〇人が水俣病の認定申請をした。水俣病は終わっていない。この本は、水俣病問題の解決の道筋を事実にもとづいて明らかにしている。

目次

プロローグ―人知れず苦しむ患者たち
第1章 水俣へ 患者たちのもとへ
第2章 水俣病とは何か
第3章 たたかいの最前線で
第4章 すべての患者に救済の手を
エピローグ―水俣はふたたび

著者等紹介

矢吹紀人[ヤブキトシヒト]
1953年生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業後、ルポライターとして、医療・福祉、農業・食分野を中心に『週刊金曜日』、サンデー・プロジェクトなど多数のメディアで活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

香子

0
原因不明、判断基準不明の病。それに正面から向き合ったのが、藤野糺医師だ。一人ひとりの患者としっかり話し、彼らの背後にあるものを見つめていく。そのことを思えば思うほど、行政や、行政のために理不尽な対応をする医師に腹が立つ。夢や希望を持ち続けて、それが叶わぬまま亡くなった人々の命の重さを知るべきだ。2011/11/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1856859

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。