国民的最低限保障(ナショナル・ミニマム)―貧困と停滞からの脱却

個数:
  • ポイントキャンペーン

国民的最低限保障(ナショナル・ミニマム)―貧困と停滞からの脱却

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 01時03分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 325p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784272310487
  • NDC分類 364

内容説明

公正なグローバリズムとディーセント・ワークの視点から。国民的共同でナショナル・ミニマム保障の実現を。

目次

第1章 グローバル経済・金融危機と格差・貧困の広がり(アメリカン・グローバリズムとグローバル経済;世界金融危機と新自由主義の限界 ほか)
第2章 グローバル化に対してナショナル・ミニマムと「ディーセント・ワーク」の実現を(「もう一つのグローバル化」をめざすナショナル・ミニマムの実現を;「ワーキング・プア」をなくすために「ディーセント・ワーク」の実現を)
第3章 グローバル化における日本のワーキング・プア問題と最低賃金制・公契約問題―ディーセント・ワークの視点から(貧困率とワーキング・プア問題;ILOのディーセント・ワークと非正規労働者の賃金・労働条件 ほか)
第4章 公的年金制度とナショナル・ミニマム―グローバル化における最低保障年金の位置と意義(日本の年金制度の現状と問題点;ナショナル・ミニマム保障を欠如した日本の年金制度 ほか)
第5章 グローバル化と食糧・農業問題―ナショナル・ミニマムと食糧主権、価格保障(「質」と「量」の両面から進む食と農の危機;世界的な食糧危機は何を示し、何を求めているのか ほか)

著者紹介

増田正人[マスダマサト]
法政大学教授

黒川俊雄[クロカワトシオ]
慶應義塾大学・桜美林大学名誉教授

小越洋之助[オゴシヨウノスケ]
國學院大学教授

真嶋良孝[マシマヨシタカ]
農民運動全国連合会副会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)