希望コミックス<br> ブッダ 〈10〉

個数:

希望コミックス
ブッダ 〈10〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ コミック判/ページ数 224p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784267905506
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

本の内容:
巨匠・手塚治虫が描いた生命の一大叙事詩
2014年2月8日映画公開
「BUDDHA2 手塚治虫のブッダ―終わりなき旅―」
映画原作コミックス新装版(全14巻)
「子どもに読ませたい」との熱望に応え、本文ふりがな付き
目次:
【第5部】
第2章 パンパス刑事/第3章 リータ/第4章 アングリマーラ/第5章 拝火殿/第6章 カッサパの帰依/第7章 ワニの河

<第10巻>あらすじ
【第5部】
第2章 パンパス刑事
パンパスは犬を訓練して、一瞬でバラバラにしてしまおうと考えていた。宝石商の屋敷から逃げ出したアナンダを追ったパンパスは、犬をけしかけるが、アナンダの目を見た犬たちは逃げてしまう。パンパスが剣をかざすと、剣に雷が落ちた。
アナンダが自分を救ってくれた存在に説明を求めると、マーラが現れ、ブッダと対決させるために助けているのだといった。
第3章 リータ
アナンダは商人を殺して金を奪ったが、商人の連れていた娘がアナンダのあとをついてきた。娘は口がきけなかったが、名前を聞くと矢車草(リータ)を指差す。アナンダはリータを愛するようになる。
そこへアヒンサーが現れ、金30袋の仕事があるといってさそう。リータがパンパスにとらえられ、助けようとしたアナンダは底なし沼に落ちた。マーラは助けてやるかわりにリータと手を切れというが、アンンダはリータに結婚しようといった。
第4章 アングリマーラ
アナンダとアヒンサーは金30袋を運ぶ一行を襲ったが、アナンダのニラミはきかなくなっていた。二人はいったんひきあげる。
アヒンサーは貴族の息子だったが、バラモンの妻に誘惑され断る。妻はアヒンサーが悪口をいっていると告げ口をした。アヒンサーはバラモンに催眠術をかけられ、小指を100本集めよと命じられた。アヒンサーは毎晩小指を切り取って歩いたが、100人目を殺そうとしたところ自分の母親だった。
アヒンサーはバラモンをにくみ、それ以来坊主からしかものを奪わなくなった。
アヒンサーはアナンダが魔力を失ったのはリータを好きになったからだと指摘し、リータを追い払う。リータは行ってしまった。
アナンダとアヒンサーは馬の足跡をたどってカッサパの本殿にやってきた。
第5章 拝火殿
ウルヴェーラ・カッサパは、アナンダとアヒンサーを拝火殿に誘い込み、火をつける。マーラが現れるが、そのときリータに案内されてブッダがやってきた。ブッダは拝火殿の中へ入り、マーラにいつでもやってこいと呼びかける。
悪魔は正体を現し、地獄の炎をあびせかけるが、ブッダは平然としていた。悪魔がブッダにかみつこうとすると、すさまじい光にはねとばされた。
第6章 カッサパの帰依
悪魔は捨て台詞を残して去り、ブッダはアナンダを死の世界からひきもどした。
カッサパはブッダの法術の腕をためそうとする。アナンダのつけた火が燃え広がり、カッサパがブッダに助けを求めると、火の熱がはげしい上昇気流を起こし、雲を呼んで土砂降りとなった。
アナンダが弟子入りを希望し、リータの声が出るようになった。カッサパはブッダの弟子になり、500人の弟子たちもつづいた。
第7章 ワニの河
カッサパの弟ナディーとガヤーは、ブッダをワニのえじきにしようと相談する。
リータはアナンダのために薬草をとりにいき、ワニに取り囲まれた。ブッダが川に入ると、ワニはブッダについていき、リータは無事もどってきた。
アヒンサーはブッダを捕らえ、目をつぶそうとするが、アナンダがブッダを助けに飛び出した。ブッダはアヒンサーが指を切りたいというと「では切るがよい」と手を差し出した。アヒンサーはブッダの手に迫られて、叫びながら逃げていった。
ブッダはワニの背に乗ってナディーとガヤーのところへやってきた。ナディーはブッダを招くが、じつはブッダに恥をかかせるつもりだった。