希望コミックス<br> ブッダ 〈7〉

個数:

希望コミックス
ブッダ 〈7〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月21日 06時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ コミック判/ページ数 198p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784267905476
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

本の内容:
巨匠・手塚治虫が描いた生命の一大叙事詩
2014年2月8日映画公開
「BUDDHA2 手塚治虫のブッダ―終わりなき旅―」
映画原作コミックス新装版(全14巻)
「子どもに読ませたい」との熱望に応え、本文ふりがな付き
目次:
【第3部】
第7章 懲罰/第8章 アッサジの死/第9章 スジャータ/第10章 ルリ王子/第11章 ヤタラの物語

<第7巻>あらすじ
【第3部】
第7章 懲罰
デーパは、シッダルタがミゲーラのうみを吸い取っているのを見て、懲罰会議にかけ、地中に埋めた。シッダルタを救い出したのはアッサジだった。命びろいしたシッダルタは、苦行をやめ、アッサジといっしょに修行する。
第8章 アッサジの死
6年の歳月が流れた。アッサジが自ら予言した死の日がやってきた。シッダルタはアッサジを木にしばりつけるが、ネズミが縄を切り、アッサジはオオカミの子が飢えているのを見て、みずから進んでオオカミに身を引き裂かれてしまう。
第9章 スジャータ
シッダルタの受けた衝撃は大きかった。シッダルタは我が身を火に投じたり、イバラの林に入ったりしたあげく、墓場でカラスにからだをつつかせる。
スジャータはシッダルタに愛を告白するが、拒絶されると、ジャングルに入ってコブラに咬まれてしまった。シッダルタはスジャータの中に入り、ブラフマンと再会する。ブラフマンに宇宙の姿を見せられたシッダルタは、生命のかけらを持ち帰ってスジャータを生き返らせた。
第10章 ルリ王子
森へ入ったシッダルタは、大木の下で鳥や虫や草たちに自分の体験したことを語って聞かせた。そこへデーパがやってきて、カピラヴァストウの城がコーサラ国に攻められて降伏したことを知らせる。パセーナディ王は、シャカ族から嫁いできた妃が、実は侍女の身分だったことを知ってしまったのだった。
ルリ王子は、カピラヴァストウへ留学して自分の母が奴隷だったことを知り、国へ帰って母を殺そうとするが、父に止められて母を奴隷部屋へ入れた。
第11章 ヤタラの物語
父がつくった薬を飲んで大きくなったヤタラは、森の奥でとらえたルリ王子が、自分にもスードラの血が流れているというのを聞いて解放し、家来となった。
ヤタラはルリ王子の母に心をひかれるが、奴隷部屋で疫病が流行したため、ルリ王子は奴隷小屋を焼き払うよう命じた。ヤタラは小屋に飛び込んで王子の母を助け出すが、間もなく母は死んだ。
ヤタラはシッダルタのもとへやってきた。シッダルタは「人間もこの自然の中にあるからには、ちゃんと意味があって生きてるのだ、あらゆるものとつながりを持って……そのつながりの中でおまえは大事な役目をしているのだよ」と説く。
シッダルタは、ヤタラに教えたことが自分自身に教えたことに気づき、命のかぎりこの宇宙の中の自分の使命を果たすことを宣言する。ブラフマンが現れ、その悟りを人々に教えつづけるよう語り、そのしるしとして額に聖なるしるしを与えた。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

白義

8
ブッダとブラフマンの出会いと宇宙の真理への接触が火の鳥にあっても違和感のないシーン。もともと火の鳥東洋編になる予定だった頃の名残だろうか。アメーバみたいな宇宙の生命力の描写は圧巻。アッサジの死もついに訪れ、折り返し地点にして転機となる一巻である。ここからは仏典にも語り伝えられるエピソードが多くなるがその肉付けは凄まじい。というかブッダの生涯という大枠を元にしたオリジナル要素がストーリーに仏典の逸話がところどころアレンジされているという印象すら受ける。しかしデーパの株の落ちっぷりよ。結構活躍してたんだけどね2017/09/14

霊滅術師 カイクウ

1
P.87~に出てくる、死んだスジャータの魂が向かっていった生命の集合体を前にして、ブッダとブラフマンが会話をしているシーンを始めとした、所々に出てくる漫画的芸術表現に圧倒された。  自分の頭の中でフラッシュバックする、他人の言葉、自分の過去や業、自分と他人の繋がりなどに翻弄され苦しむブッダの姿には人間的なリアリティがある。2023/01/14

霊滅術師 カイクウ

1
P.18~「欲のままにたのしみや遊びにふけることは低級でおろかだ」「しかし自分を苦しめるのに夢中になるのも苦しむばっかりでおろかじゃないのか」「そんなことで人間は救われない!!ほかに・・・・・・まだ方法があるはずだ・・・ほかに・・・」2023/01/14

愛理ちゃん88

0
シツダルータがブラフマンに宇宙の真理を開設してもらい悟りへの道を示される。宇宙の真理の前に差別はないが現実世界は差別に溢れている。2014/02/11

0
梵天さんは、聖☆おにいさんの梵天さんと全然ちがうんだなあ2021/02/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1020221
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。