希望コミックス<br> 三国志 〈12〉 南陽の攻防戦

個数:

希望コミックス
三国志 〈12〉 南陽の攻防戦

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月05日 00時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ コミック判/ページ数 216p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784267901126
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

曹操は、都の許昌を狙っている勢力が南陽宛城に集結していることを知り、十五万の兵を率いて遠征した。宛城の張繍は降伏し、曹操は無血入城する。しかし宛城の未亡人に夢中になった曹操は、油断したところを張繍に襲われ、命からがら許昌へ逃げ帰った。傷も癒えた頃、呂布の使者・陳登が袁術と呂布の企みを知らせに曹操のもとを訪れた。

目次:
南陽遠征/張繍の謀略/陳珪父子/偽帝討伐軍/苦い勝利

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まるほ

19
都許昌を脅かさんとする勢力を排除するべく南陽へ挙兵する曹操。宛城の城主張繍は謀略を図り、曹操は典韋を失うものの九死に一生を得る。▼袁術から呂布への密使を曹操に引き渡す徐州の陳珪。怒る袁術は呂布に対して挙兵し、陳珪は敵将の買収と劉備への援軍要請を呂布に進言する。敗れた袁術は孫策と手を結ばんと謀るが失敗。偽帝として朝敵となる。孫策は曹操、呂布、劉備とともに袁術追討に出る。▼袁術の地淮南は水害に被災。攻め込んだ曹操も食糧不足に陥るが食糧総官を処刑することで兵の不満を逸らす。曹操は辛くも勝利するも袁術を取り逃す。2021/07/11

ノリピー大尉

17
南陽の動きを察知した曹操は、先手打って苑城へと進軍した。 十五万の大軍を前に、苑城は戦わずして全面降伏し曹操を城内に招き入れるが、それは謀略の始まりだった。 「天下をうかがうものは各地におり、一人倒せばまた一人現れる。戦略的に手を組むときは組む。倒すべきときには倒す。それをやらねば自分が滅びる」(83ページ) 玄徳の登場は一瞬、セリフは1つだけ。2019/08/24

コウメ

16
悪来典韋曹操を守るため戦い立ったまま死ぬ2019/03/20

gtn

15
女性と酒にうつつを抜かせている間に、主君を守ろうと全身矢で射貫かれ、立ったまま死んだ忠臣典韋に涙する曹操。だが、一転、袁術攻めが長引き、食糧難に陥る兵の気を逸らそうと、食糧総官が私腹を肥やしたと濡れ衣を着せ、首をはねる。おかげで一時の勝利は得たが、曹操、天を恐れよ。2024/01/16

みゃーこ

15
「降伏するのです。力を温存しておけば機会はいくらでもございましょう」(12巻通して歴史の真理を物語る言葉として記憶にとどめたい)酒と女(恋愛)に酔うと必ず目的を見失ってしまうようだ典葦の死が教訓となる。「天下動乱の折には戦略的に手を組むべき時、倒す時は倒す。それをやらねば自分が滅びる」(曹操)勝利を得るために食糧将軍の首を犠牲にするとは…。冷酷~2012/11/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/552961
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。