潮文庫<br> 駿風の人

個数:
電子版価格 ¥844
  • 電書あり

潮文庫
駿風の人

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月04日 17時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 317p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784267021862
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

花倉の乱に勝利し、今川家当主となった義元。「天下に名乗りを上げる」。義元の想いは今川発祥の地・三河と経済の中心地・尾張へ。背後の武田と北条に対して、参謀・雪斎と共に苦心の末に戦国最強の甲相駿三国同盟を成し遂げる。いよいよ西へ出陣。その前に織田信長と木下藤吉郎が待ち構える―!貴族化して時代に乗れなかった敗者、そんなイメージを覆す「戦国武将」今川義元の新たな物語!

著者等紹介

〓橋直樹[タカハシナオキ]
1960年東京都生まれ。92年「尼子悲話」で第72回オール讀物新人賞を受賞。95年「異形の寵児」で第114回直木賞候補。97年『鎌倉繚乱』で中山義秀文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ほうすう

13
花倉の乱から桶狭間まで、戦国大名・今川義元の生涯を描く。面白かったのだが後半の桶狭間パートは主役が信長になってしまったのかしらと思うほど織田側からの視点が多い。奇襲された側の視点で描くと何が何だか分からぬうちに終わってしまうからだろうか。もう少し義元の視点の桶狭間を見たかったという気持ちはある。他の人の感想にもあったが、作中の武田晴信から見た長尾景虎への気持ちで「変なのにからまれちゃったなあ」というぼやきはちょっと笑ってしまった。2022/08/19

ゴールデンボート

0
とてもよい本ですよ2021/01/27

たかむら

0
昨今の風潮に合わせた、ただ無能な公家っぽい感じの義元ではなく、武士としての義元を描いている。 還俗して武将として生きていくという意味では足利義昭と対比して読むのも面白いかもしれない。還俗した立場だったからこそ武士として生きようとしたという視点も面白い。 義元の武士としての視点からのためか、武将としてでなく政治家(領主)としての視点も読みたかったとも思う。領国統治のための施策やその苦労に着目するのもまた違った義元が描けるのではないか。 普段描かれる織田、豊臣、徳川視点ではない義元像を楽しめる一冊だった。2020/11/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13725655
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。