民衆こそ王者―池田大作とその時代〈15〉先駆者たち‐イギリス・イタリア篇

個数:
  • ポイントキャンペーン

民衆こそ王者―池田大作とその時代〈15〉先駆者たち‐イギリス・イタリア篇

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月19日 16時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 238p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784267021558
  • NDC分類 188.98
  • Cコード C0095

内容説明

かつて繁栄を誇ったローマ帝国が弾圧し続けたキリスト教は世界へと広まった。なぜなのか。池田は歴史をひもとき、結論する。「大衆に尽くしたから、勝った」と。SGI(創価学会インタナショナル)の発展の道も、「一人に尽くす」池田の行動によって切り開かれていく。欧州に広がる“励ましの群像劇”を追った。

目次

第1章 リーダー像の革命―イギリス6
第2章 「座談会」は広宣流布の波―イギリス7
第3章 あきらめない理由―イギリス8
第4章 笑顔を忘れるな―イギリス9
第5章 人間主義の革命家―イギリス10
第6章 鉄則は「大衆に尽くす」―イタリア1
第7章 百年の土台を作る―イタリア2