黙秘の壁―名古屋・漫画喫茶女性従業員はなぜ死んだのか

個数:

黙秘の壁―名古屋・漫画喫茶女性従業員はなぜ死んだのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月25日 00時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 288p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784267021329
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

出版社内容情報

愛知県内で女性の死体が発見される。加害者は「黙秘」により傷害致死罪を免れ、死体遺棄罪のみの起訴。渾身の犯罪ノンフィクション。愛知県内で女性の死体が発見される。加害者は「黙秘」により傷害致死罪を免れ、死体遺棄罪のみの起訴となった。

2012 年名古屋市の漫画喫茶で働く女性従業員が行方不明になっていると女性の両親が捜索を依頼する。
警察は漫画喫茶を経営していた夫婦による犯行とみて任意の事情聴取を行い、その後逮捕。しかし、加害者の黙秘により罪状は傷害致死ではなく死体遺棄罪のみでの起訴となってしまう。
一つの命とその家族を見つめ続けた、渾身の犯罪ノンフィクション!

藤井誠二[フジイセイジ]
著・文・その他

内容説明

平成二十五年、愛知県南知多町の山中で、名古屋市の漫画喫茶女性従業員の遺体が発見された。傷害致死容疑で逮捕された元経営者夫婦が「黙秘」に転じ、「死因不明」で不起訴となる。墨塗りの供述書に隠された真実を求めて、遺族たちの長い闘いが始まった―。

目次

序章 塗りつぶされた「犯行」
第1章 漫画喫茶女性従業員はなぜ死んだのか
第2章 「黙秘」と「死因不明」
第3章 「なかったこと」にされた「傷害致死」
第4章 「墨塗り」の供述書に隠された「真相」
第5章 加害者を「防衛」する法と制度
第6章 被害者遺族の「事実を知る権利」VS加害者の「人権」
第7章 被害者遺族に「説明」された「事実」
第8章 法律は誰を「守る」ためにあるのか
終章 裁判の「公開」と「知る権利」の狭間で

著者等紹介

藤井誠二[フジイセイジ]
ノンフィクションライター。1965年愛知県生まれ。ノンフィクション作品執筆以外も、ラジオのパーソナリティやテレビのコメンテーターもつとめたり、愛知淑徳大学非常勤講師として「ノンフィクション論」等を担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

サトシ@朝練ファイト

27
事件当初、マスコミ報道で断片的には知っていたが、「死にいたらしめた」にもかかわらず犯人夫婦が黙秘した事で遺棄罪のみで裁かれた。その辺のリーガルサスペンスよりはるかに面白い。2018/07/15

小鈴

25
漫画喫茶女性従業員はなぜ死んだのか。傷害致死容疑で逮捕された元経営者夫婦は黙秘に転じ死因不明で不起訴に。死体遺棄で立件され、数年で刑務所から出てきた。不起訴になった傷害致死について詳細に語った員面書(法的な手続きによらない事前調書)を請求したものの、肝心な部分は黒塗り。この黒塗り部分が最後に明らかになるので必見だ。著者は黙秘の壁としているが、私には愛知県警の能力の無さにしか見えない。黙秘は当然の権利で弁護士の活動も否定はできない。ここまで調書をとってなぜ立件できなかったのか。被害者遺族は救われない。2018/06/15

くれの

8
天網恢々疎にして漏らさずとして事件の真相に行き着いた執念の取材にジャーナリズムはかくあるべきと思いました。社会正義に反し黙秘権を濫りに振り翳す弁護人は人道的に許されず、いつかきっと社会的に断罪されるのでしょう。2018/11/22

n75

8
この事件起きた当時ニュース等で全然見かけた記憶がない。本を読みながらネットで調べてみたら、尼崎事件を彷彿とさせる謎があるみたいで、そんな事件ならもっと注目されてもよさそうなのにと思いつつ読んでいたら、結局犯人夫婦の黙秘のためほとんど事件の内容が明るみに出ていないことが分かり愕然とした。そんなことってある?それがまかり通るなら今後同様なことが起こるかもしれない。弁護士の指示なんだとしたら何のための弁護士なのか。ほとんど解決していなくて闇が深すぎる。2018/08/28

ひろか

7
加害者の利益を守るため、黙秘が正しく用いられることは大事だろう。しかし、被害者の人権や感情、尊厳の観点からはもちろん、加害者にとっても本当にそれが利益なのかわからなくなった。2018/06/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12842562

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。