「はとバス」ヒットの法則23

個数:

「はとバス」ヒットの法則23

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 197p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784267019555
  • NDC分類 685.5
  • Cコード C0033

内容説明

「はとバス」大ヒットの仕掛け人・江沢副部長が「企画力」の源泉を明かす!『ソロモン流』(テレビ東京系)『仕事ハッケン伝』(NHK)でも話題沸騰!奇跡のV字回復を成し遂げた「はとバス」の秘密と、ブレイクを生み出す「発想法」「現場力」のヒントが満載!

目次

第1章 満員御礼!はとバスツアー10番勝負(絶え間なく進化する永遠の定番『とうきょう漫遊紀』;はとバスとニューハーフの甘い関係『夕遊黒鳥の湖』 ほか)
第2章 大公開!はとバス企画会議の秘密(はとバス名物「企画千本ノック」;お客さまの笑顔が成長の原動力 ほか)
第3章 秘伝!?ヒット企画を生み出す23の法則(「現場百遍」で企画のヒントを探す;「手帳」「ケータイ」「地図」が三種の神器 ほか)
第4章 はとバス65年史にようこそ!(観光立国ニッポンをめざして「発車オーライ」;空前の観光ブーム到来で、はとバス絶好調! ほか)

著者等紹介

江沢伸一[エザワシンイチ]
1968年東京都生まれ。92年に株式会社はとバス入社。関連会社で国内旅行全般の商品企画部門を担当後、出版広告部門で12年にわたり旅行パンフレットの制作・広告営業に携わってきた。2009年に本社定期観光部に配属されると、「川崎工場夜景」や「恋するラブバス」など、斬新な発想で数々のユニークなツアーを企画。現在は定期観光部副部長(企画課長・販売促進課長兼務)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ココナッツサブレ

1
はとバスツアーの創意工夫を知ることができた。中でも持ち込み企画や抱き合わせ企画をやらないようにしているところがすばらしい。観光施設や料理店などのサプライヤー(商品供給元)の利益優先で組み立てられているからとのこと。安いバスツアーにありがちなお土産やさんや料理屋(美味しくない)やさんに連れていかれたりすることがないのは良心的。料理もこだわりを感じられるかを基準に選んでいるとのこと。ツアーに参加してみたくなりました。2017/10/24

Nana

0
こんな経験一生できないという非日常性を提供し魅了し続ける企画者たちの葛藤が描かれている。 自分ならこうしたい!という妄想こそが、企画に活力を与え、多くのお客様の感動をつくる共感をひきつける。 万人受けの企画は結局誰の心にも響かない 個人ではできない体験を提供する+限定感が大事なのだ。 また、自分が知らないものは買わない ある商品について情報がないと購入まで踏み切れないらしい。 気づきの力、洞察力、想像力、分析力 この点が企画者には求められるという。 2017/07/17

伊坂光代

0
たまたま図書館で見つけて手に取った本 はとバスさんはここのところすごく人気があると聞いてましたが、これだけ頑張って企画立ててたからなのね。 楽しそうなコースがいっぱいで、はとバスのパンフレット貰いに行こうかと思っちゃいました! 2014/06/10

ユリ

0
知らない商品ばかりだと読むのが辛かったかもしれないけど、知っている商品が結構あったのでなんとか興味深く読むことができた。 ヒット商品というのはそれに携わる多くの人の「さらによりよくしたい」という想いの積み重ねで出来上がるもの。 たまに中身のないものを宣伝力だけで売って儲けている業者を見かけることがある。それが正しいのか間違っているのかはともかくとして、少なくとも私の目指すものではないのだと自分の中で再認識させてくれた本だった。2013/11/23

茶釜

0
ストーリー性と説得力を追求するはとバス企画担当者の執念に頭が下がる。仕事の企画のヒントになりそう。2013/11/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7476310

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。