漫画家たちの「8・15」―中国で日本人の戦争体験を語る

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784267019517
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0095

内容説明

“対立”から“友好”へ―ちばてつや、森田拳次、赤塚不二夫、水木しげる、北見けんいち、古谷三敏、やなせたかし、小島功、サトウサンペイ、松本零士、上田トシコ、バロン吉元など、100人のそうそうたる漫画家たちが描いた戦争体験。歴史認識の磁場・南京で、240万人の中国人に大反響を起こした、「日本戦争漫画展」の軌跡。

目次

第1章 南京の終戦記念日―二〇〇九年八月十五日の漫画家たち
第2章 日中「歴史認識」の源流をさぐる
第3章 展覧会までの道筋
第4章 「私の八月十五日の会」について
第5章 盧溝橋に漫画が展示された日―北京展について
第6章 批判される場所から―瀋陽展について
第7章 満州から見える日中の深い溝―長春展について
第8章 「マンガ外交」のすすめ
第9章 「歴史認識」を越えるために

著者等紹介

石川好[イシカワヨシミ]
1947年東京都大島町生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。89年『ストロベリー・ロード』で第20回大宅壮一ノンフィクション賞。新日中友好21世紀委員会委員、秋田公立美術工芸短期大学学長などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件