魂の響き―のぞみ

個数:

魂の響き―のぞみ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月07日 14時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 245p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784267019494
  • NDC分類 767.8
  • Cコード C0095

内容説明

歌は聴く者の心に響いてこそ歌であり、心に残ってこそ歌である。「王将」「矢切の渡し」「みだれ髪」数々の名曲―。日本人の誇り日本人の心を歌に託した60年。稀代の歌作りの人生を辿る。

目次

プロローグ 旅、そして演歌巡礼
第1章 ぼろモンペ、好きかと問えば母のこと
第2章 憧れの兄亡き後に
第3章 音楽の道を歩み始める
第4章 酒、そして親友高野公男との出会い
第5章 プロへの第一歩 高野公男との二人三脚
第6章 友と生み出した大ヒット、そして高野公男との別離
第7章 頼りになる伴走者、作詞家たちとの交流
第8章 家族、そして内弟子たち
第9章 東日本大震災、「挽歌」としての美空ひばり
エピローグ 船村徹を船村徹ならしめたのは…

著者等紹介

船村徹[フナムラトオル]
本名・福田博郎。昭和7年6月12日栃木県船生村(現塩谷町)に生まれ。一般社団法人日本音楽著作権協会名誉会長、公益法人日本作曲家協会最高顧問、下野新聞客員論説委員、全国警察官友の会常任理事、財団法人日本相撲協会横綱審議委員(2003年5月~2013年1月)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。