青い島の教室

個数:

青い島の教室

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 354p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784267019173
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

生徒と教師が直面する幾多の苦悩、そこから紡ぎだされる希望とは――。“教師”、“親”、“生徒”とはどうあるべきか。著者渾身の教育小説。

【著者紹介】
1950年、愛知県生まれ。1998年『走るジイサン』で第11回小節すばる新人賞を受賞。2002年、連作短編集『コンビニ・ララバイ』(集英社)で注目を集める。2006年、時代小説『雲を斬る』(講談社)でだい12回中山義秀文学賞を受賞。

内容説明

教師から疎外された喧嘩屋とヤリセンと苛められる少女―不幸を背負った2人は、ひたむきに幸せの道を探す。島の子どもたちと“ぐうたら先生”が織りなす感動の物語。

著者等紹介

池永陽[イケナガヨウ]
1950年愛知県豊橋市生まれ。1998年、『走るジイサン』で第11回小説すばる新人賞を受賞。2002年、連作短篇集『コンビニ・ララバイ』で注目を集める。2006年、時代小説『雲を斬る』で第12回中山義秀文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。