三国志 〈第23巻〉 孔明の南蛮行

個数:

三国志 〈第23巻〉 孔明の南蛮行

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年04月11日 21時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 412p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784267017834
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0079

出版社内容情報

説呉修復

玄徳の死が魏に伝わると、仲達は五 路から兵を進めて蜀を攻撃するよう曹丕に進言。孔明は四路からの攻撃には備えてあったが、残る一路、呉からの攻撃を防ぐため、使者?芝を抜擢し、孫権と蜀呉同盟を結んだ。
これに激怒した曹丕は、三千隻の戦船を従えて呉を攻撃するが、船団を焼かれ大敗。
その頃、蜀では南蛮王の孟獲が兵を起こすと、益州三郡の太守が連合を組んで永昌を攻撃。孔明は離間の計で乱を平定し、南蛮への進軍を開始。
魏延が孟獲を捕らえてきたが、孔明は孟獲を放つ。孟獲は濾水の対岸に一大防塞を築き、孔明に見せつける。孔明は馬岱に命じ、南蛮軍唯一の補給路である流沙口を断つ。

目次:
五路五十万/使者?芝/浮かぶ長城/火と風と/益州の乱/離間の策/連合軍分裂/益州平定/南蛮行/五渓峰/蛮王孟獲/孟獲を放つ/毒河/夾山峪
三国志関連地図
三国志通講座22「名将」井波律子(国際日本文化研究センター教授)
魂をこめて描かれた「三国志」を読む喜び 山本一力(作家)