三国志 〈第19巻〉 張飛の智略

個数:

三国志 〈第19巻〉 張飛の智略

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年01月24日 18時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 419p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784267017797
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0079

出版社内容情報

驕兵の計

魏と呉は和睦を結んだ。曹操は魏王となり、魏王宮を造る。祝いの品とともに、妖術使いの左慈が現れ、曹操を翻弄する。占師の管輅は、病む曹操を気の病だといって安心させ、予定していた漢中への遠征をとめた。そのため金イらの反乱は失敗に終わる。
張飛が守る巴西では魏軍の張コウが戦をしかけるが、張飛の酒盛りの策に敗れ、瓦口関に逃げる。張飛は背後からの山越えで瓦ロ関を奪った。
一命を取り留めた張コウは、決死の覚悟で葭萌関を攻撃。孔明は老将・黄忠と厳顔を向かわせる。黄忠は驕兵の計で張コウを破り、厳顔は夏侯徳を討ち、天蕩山を奪る。
孔明に説かれ、玄徳は漢中平定の軍を起こした。黄忠が定軍山を奪うと、魏軍は漢水へ退いた。

目次:
総力戦/奇怪な老人/仙術/平原の神卜/予言/新春十五夜/風雲/陣前の美酒/瓦口関/間道/老将/騎兵の計/定軍山/定軍山攻防/人質交換/敵陣を望む
三国志関連地図
三国志通講座⑱「超能力者」 井波律子(国際日本文化研究センター教授)
横山光輝さんの思い出 松本零士(漫画家)