三国志 〈第6巻〉 南陽の攻防戦

個数:

三国志 〈第6巻〉 南陽の攻防戦

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年01月24日 19時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 427p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784267017667
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0079

出版社内容情報

孫策の台頭

快進撃を続ける孫策は、敵将・太史慈を配下に加え、さらに兵を進めて江南・江東を平定した。
曹操は南陽へ出兵し無血入城した先で、未亡人に溺れて油断したところを襲われ、許昌へと逃げ帰った。
天子の座を狙う袁術が徐州に進撃すると、曹操は袁術討伐へと乗り出す。遠征先の淮南では勝利したものの、洪水に阻まれ多くの犠牲をしいられた戦となった。

目次:
奇略/太史慈/新しい波/江南江東平定/呂布の機智/馬泥棒/南陽遠征/張繡の謀略/陳珪父子/偽帝討伐軍/苦い勝利
三国志関連地図
三国志通講座⑤「檄文」 井波律子(国際日本文化研究センター教授)
息子の視点から見た横山「三国志」 横山輝利(「光プロダクション」代表)