三国志 〈第4巻〉 呂布と曹操

個数:

三国志 〈第4巻〉 呂布と曹操

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年01月24日 00時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 415p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784267017643
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0079

出版社内容情報

連環の計

長安の都は猛将呂布を従える董卓の天下となった。侍女貂蝉は親代わり・王允のために董卓と呂布を引き裂く計を実行。董卓は呂布によって討たれた。
その頃、曹操の軍勢は総勢百万となっていた。陶謙の部下に父を殺され曹操は徐州に向かう。だがその隙を呂布に狙われ、兗州を攻撃される。

目次:
孫堅立つ/荊州攻略/凶兆/王允のたくらみ/亀裂/絶纓の会/董卓暗殺計画/曹嵩の死/休戦勧告/悪来典韋/罠と罠
三国志関連地図
三国志通講座③「玉璽」 井波律子(国際日本文化研究センター教授)
私にとっての『三国志』日本史との比較対照から見えてきたもの 童門冬二(作家)