三国志 〈第2巻〉 漢室の風雲

個数:

三国志 〈第2巻〉 漢室の風雲

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年01月24日 18時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 407p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784267017629
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0079

出版社内容情報

乱世の奸雄

黄巾の乱平定後、劉備は安喜県の警察署長に任ぜられたが、賄賂を要求する督郵を張飛が叩きのめし、三人は逃亡する。
その頃、宮中では世継ぎ争いが勃発。董卓は大軍を率いて洛陽に乗り込み、陳留王を帝にすえると、暴虐の限りを尽くす。見かねた曹操は、各地の豪雄に董卓追討の檄を飛ばす。

目次:
十常侍/勅使/放浪の旅/乱兆/何進将軍の死/西涼の董卓/荊州の父子/赤兎馬/暴虐将軍/青年曹操/奸雄立つ
三国志関連地図
三国志通講座①「宦官」 井波律子(国際日本文化研究センター教授)
後世まで物議を醸す乱世の奸雄・曹操の魅力 岡崎由美(早稲田大学教授)