潮ビジュアル文庫<br> ブッダ 〈第8巻〉 鹿野苑

個数:

潮ビジュアル文庫
ブッダ 〈第8巻〉 鹿野苑

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月17日 00時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 256p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784267013089
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0179

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

財布にジャック

56
ブッダが鹿に説法する場面で、自分が鹿になって聞き入ってしまっているような感覚になりました。さすがに、ブッダの教えは心に沁みます。しかし、一転してアナンダの登場で実はちょっとビビリました。アナンダってこんな人だったのですか?「聖☆おにいさん」のアナンダのイメージとはかけ離れているので、開いた口が塞がらなくなりました。さらに、アナンダとリータの恋の行方が気になる終わり方で、とても不安な気持ちにさせられました。アナンダどうなっちゃうのでしょう?2011/11/28

紅香@本購入まであと9冊

34
『人間の悩みは病気の悩み、お金の悩み、肉親の悩み、仕事の悩み。いろいろあるけれどそれはみんな鼻で嗅いだり触れたり味わったり見たり聞いたりして起こる悩みだろう。この災いから逃れるには8つの正しい方法がある。それは正しく見、正しく思い、正しく話し、正しい仕事をし、正しくくらし、正しくつとめ、正しく祈り、正しい生涯を送ることだ。私達生き物は何も悩んだり苦しんだりして一生を過ごしているんじゃない』アナンダ登場。ブッダも縺れた糸をほぐすように一人一人の関係を解決していく。人はやっぱりその真摯さに打たれる。2019/05/10

aisu

18
ブッダは鹿を相手に説法を始める。この巻の後半はアナンダの物語。滅ぼされたシャカ族のおそらく貴族の生き残りであったが、両親も死ぬが、アナンダは死なない不思議な力を得て、盗賊として、盗み、殺しを重ねる。どうやら女の姿をした悪魔がついているようだ。2023/01/18

活字スキー

17
【鹿よ……おまえが聞きたいというのか?いいとも……おまえがこの鹿野苑(ミガダーヤ)の最初の弟子だ】ブッダとしての道を歩み始めたシッダルタは鹿に導かれ、かつての苦行仲間たちと再会。シッダルタがブッダとしての意識を高めるにつれ、対比的に際立つデーパの俗人らしさは中勘助『提婆達多』を彷彿させる。彼のクシャトリヤ生まれながら苦行にかける人一倍の熱意は十分に非凡と言えるが、真の聖人を前にしては憐れな引き立て役に甘んじるしかないのか。てかダイバダッタどこ行った?2022/08/25

くろうさぎ

16
鹿野苑で鹿に教えを説くブッダ…。そんなブッダをよく思わないデーパにひどい目にあわされても自らデーパを助けるブッダ…。繰り返し出てくる自己犠牲の精神に心打たれるも、アナンダの行く末も気になります。次は9巻へ…。2018/07/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/536898
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。