潮ビジュアル文庫<br> ブッダ 〈第5巻〉 ウルベーラの森

個数:

潮ビジュアル文庫
ブッダ 〈第5巻〉 ウルベーラの森

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月16日 23時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 246p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784267013058
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0179

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アキ

60
5巻「ウルベーラの森」シッダルタとデーバは、熱病に冒されたアッサジを介抱しつつバンダワの町にて薬草と青かびと膿を吸い出し命を救うが、アッサジは死の世界の入り口で十年間の限られた生と未来を予知する能力を与えられる。その国の王女に求婚されるが、修行のためラージャガハへ向かう。バンタブ山の岩の上に座るシッダールタをマガダ国の国王ビンビサーラが訪ね「ブッダ(目ざめた人)」と名をさずける。苦行林で苦行を実践するもスジャータと出会い苦行に疑問を持ったブッダは、バリアと蔑まれ熱病に冒されたミゲーラを救うのに全力を尽くす2020/04/21

財布にジャック

56
確か珈琲に入れるミルクでスジャータって名前の物がありましたが、そのスジャータの名前の由来なんだと思えるキャラが登場しました。それが又、とっても可愛い少女で、苦行しているブッダの苦しそうな姿を見るのが辛いと思っていたので、大変和ませていただきました。そして、「ブッダ」って名前って「目覚めた人」という意味だったんだぁ!知らなかったです。取り急ぎミゲーラが心配なので、続巻を早く読まなくては・・・。2011/11/03

紅香@本購入まであと9冊

30
苦行にこだわるデーパと一緒に苦行林へ。死の恐怖から助かる方法を探しに行くために。。難病を抱えた妻の看病をしているタッタ。まともな人間じゃない、苦行林から追い出せと自分たちの苦行が高尚なことだと信じて疑わないバラモンたちに、ブッダが放つ一言が胸に刺さる『この森であれほどの苦しみと闘っている人間がほかにいますか?』2019/05/08

活字スキー

19
【ここにも 苦しみにたえている人々がいる………!】デーパと共に修行を始めたシッダルタ。高熱で死に瀕した鼻タレ小僧アッサジはヴィサーカーの町で一命を取り留めると同時に不思議な力を授かる。一行は若く聡明なビンビサーラが治めるマガダ王国を訪れ、王からブッダ(目ざめた人)の名を贈られたシッダルタはさらなる修行に励むことを誓うのだった。苦しみが絶えることのない世界で、自らに苦行を課す者がいる。否応なく苦しみの内にしか生かされない者がいる。 2022/05/20

くろうさぎ

18
前巻までどうも内容が少しズレてると思っていたら表紙が似ていた別のシリーズを登録していました。この巻から読んでるシリーズを登録しました。死ぬことがたまらなく怖いシッダルタと死ぬ日がわかっているのに穏やかに過ごすアッサジ…。人は誰しも生まれてから死へ向かって歩いていく。大切なのはみんな平等に与えられる死に対してその日までどう過ごすかなのでしょうね。読んでいて悔いのない人生を送らなければと思います。2018/07/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/536896
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。