海外文学コレクション<br> いのちは贈りもの―ホロコーストを生きのびて

個数:

海外文学コレクション
いのちは贈りもの―ホロコーストを生きのびて

  • 提携先に3冊在庫がございます(2017年11月23日 09時10分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 384p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784265860180
  • NDC分類 K956
  • Cコード C8023

内容説明

これほど残酷な中にあっても、気高い精神を持ち続けた少女がいた!時代を超えた、少女の珠玉の証言。

目次

フランシーヌの少女時代のヨーロッパ
はじまり
黄色い星
南へ
ポワチエ
ドランシー 一九四二年八月
ピチヴィエ
ボーヌ=ラ=ロランド―パリの南、水の都モンタルジの近く
ボーヌ=ラ=ロランド 一九四三年二月
二度めのドランシー〔ほか〕

著者紹介

クリストフ,フランシーヌ[クリストフ,フランシーヌ] [Christophe,Francine]
1933年生まれ。フランスの作家、詩人。6歳のときに父が戦争捕虜となり、離ればなれになる。その後、母と共にナチス・ドイツに連行され、各地の強制収容所へ移送される。1945年4月、ベルゲン=ベルゼン強制収容所から列車で移送中、トレビッツにて解放。奇跡的に父と再会し、家族全員が生きのびることができた。現在は、フランス国内外でホロコースト生存者として多くの授業、講演を行っている。フランス、ヴェルサイユ近郊在住

河野万里子[コウノマリコ]
翻訳家。上智大学外国語学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

6歳でホロコーストを生きのびたフランス人女性の手記。アンネと同じ収容所に移送された彼女の目に映ったものは。注目の邦訳。