黒船がやってきた

個数:
  • ポイントキャンペーン

黒船がやってきた

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月04日 19時32分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A4判/ページ数 31p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784265016655
  • NDC分類 K210

著者紹介

金子邦秀[カネコクニヒデ]
1950年、神奈川県に生まれる。早稲田大学第一文学部日本史学専攻卒業。広島大学大学院教育学研究科博士課程中退。博士(教育学)。現在、同志社大学社会学部教授

矢野慎一[ヤノシンイチ]
1958年、東京都に生まれる。國學院大学文学部史学科卒業。神奈川県立柏陽高等学校教諭

金斗鉉[キムトウゲン]
1953年、韓国ソウルに生まれる。1971年来日、広告代理店でグラフィックデザイナーを経て、フリーランスイラストレーターに。日本各地の歴史博物館の復元画を多く手掛ける。日本図書設計家協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

正助の目の前に突然現われた大きな黒船。ペリー艦隊来航から横浜開港までのさまざまな出来事を描いた開国のものがたり。

浦賀の沖に突如黒船が現われてから、横浜が開港場としてにぎわうようになるまでを描きます。慌てふためく江戸の町、興味深い日米交渉のようす、開国によって混乱する国内の政治や経済。当時の雰囲気がそのまま伝わってくる歴史絵本です。

【著者紹介】
【矢野慎一・文】  1958年、東京都に生まれる。國學院大学文学部史学科卒業。神奈川県立柏陽高等学校教諭。高校日本史教科書執筆のほか、著書に『日本の遺跡と遺産7戦争遺跡』(岩崎書店)、共著に『神奈川県の戦争遺跡』(大月書店)、『帝都と軍隊』(日本経済評論社)、『しらべる戦争遺跡の事典』(柏書房)、『神奈川の歴史を読む』(山川出版社)などがある。