百姓・町人のくらし

個数:
  • ポイントキャンペーン

百姓・町人のくらし

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月06日 06時11分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A4判/ページ数 31p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784265016648
  • NDC分類 K210

著者紹介

白川重敏[シラカワシゲトシ]
1955年、東京都立川市に生まれる。明治大学文学部史学地理学科日本史学専攻卒業。神奈川県立生田高等学校総括教諭。立川市文化財保護審議会委員

佐藤やゑ子[サトウヤエコ]
1968年、東京生まれ。東京都立工芸高等学校卒業。第62回毎日広告デザイン賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

幕府や藩の経済を支えた村、江戸・大坂など巨大都市化した町。それぞれの社会のしくみと人びとのくらしぶりを紹介します。

江戸時代は「士農工商」の身分制度の時代。この本では、「農」の百姓たちがくらす村、「士」の武士と「工商」ほかさまざまな人たちが住む町の、それぞれのしくみや生活を紹介します。巨大都市となった江戸の町や商品流通の要となった大坂の町のようすも紹介。

【著者紹介】
【白川重敏・文】  1955年、東京都立川市に生まれる。明治大学文学部史学地理学科日本史学専攻卒業。神奈川県立生田高等学校教諭。著書に『日本の遺跡と遺産4 中世・近世の遺産』(岩崎書店)、共著に『城山町史6 通史編 近世』(城山町史編纂室)、『神奈川県の歴史散歩 上・下』『鎌倉歴史散歩24コース』『神奈川の歴史をよむ』(いずれも山川出版社)、『多摩川の漁撈』(立川市教育委員会編)などがある。立川市文化財保護審議会委員。